資産・投資不動産相続など悩んでないで相談しよう。相続の専門家とマッチング「相続キホンのキ」

イメージ

相続Q&A掲載

親が亡くなり、財産を分けようとしたけど話し合いがスムーズにいかない。
相続権のないはずの人から「遺産」を渡すよう迫られているなど、
相続トラブルはさまざまです。
実際にあった相続トラブルなどをご覧きただき、
トラブル回避を行いましょう。

  • 相続トラブル

    イメージ

    特定の子供(長男)に相続をさせたくない

    掲載日:2022年10月23日

    妻と子供が3人(長男、長女、次男)いるが、疎遠になっている息子(長男)に相続財産を一切取得させない方法を教えて欲しい。

    専門家の回答を見る

    松下 一郎

    [回答] 松下 一郎 相続対策専門士株式会社amahouコンサルティング 提携弁護士をご紹介させて頂きました。
    弁護士事務所へ訪問時にご同席をし、以下のようなお話をお聞きしました。

    子は推定相続人であるので、相続が開始されれば法定相続分を相続するのが原則です。
    子に相続財産を一切相続させないという遺言を作成しても,子は遺留分相当額を取得することになります。
    推定相続人に遺留分相当額も取得させない方法として推定相続人の廃除という制度があります。
    ただし,廃除は相続人の権利を奪う制度なので余程の事情(親を虐待しているなど)がない限り認められません。

    専門家に相談する